find your jobCOLUMN

とんがりコラム

CATEGORY
ARCHIVE

「ビジネスの鍵となる、同期型と非同期型とは。」

2020/07/01

ビジネス

「ビジネスの鍵となる、同期型と非同期型とは。」

 

“同期型コミュニケーション“非同期型コミュニケーション

みなさんはこの言葉を知っていますか?

 

同期…複数の信号の送受信または処理が同時に行えるようにタイミングを合わせ行う通信

非同期…同期の反対でタイミングを合わせない通信

 

この言葉は通信分野でよく使われる言葉で皆さんは日常でこの言葉はあまり使わないのではないでしょうか。

しかし日常のコミュニケーションに当てはめていくと業務効率の改善や業務の質の向上につながるのです。


まず同期コミュニケーションの活用法についてです。

同期コミュニケーションの具体的な例としては直接会って話す、電話をする、会議をする等です。


同期型コミュニケーションを取ることによって

・迅速な対応ができる(フィードバックをその場で伝えられる)

・質問の内容や回答の精度を上げる事ができる(その場で更なる問題点を改善できる)

・関係者への情報共有をその場でできる

というメリットがあります。


 次に非同期コミュニケーションについてです。

非同期コミュニケーションの具体的な例としては手紙、メール、チャット(LINE,Skype)です。


非同期コミュニケーションを取ることによって

・自分の都合の良いタイミングで連絡が取れる

・詳細とやり取りの日付などを正確に残す事ができる

・チャットでは既読/未読が分かるため進捗状況を管理できる

というメリットがあります。


一方で、同期型コミュニケーションであれば相手の都合が悪かったり、非同期型コミュニケーションであれば

連絡が後回しにされてしまい即座に返答がもらいにくいなどのデメリットもあります。


こういったメリット・デメリットを把握しておくことによって業務の効率化、業務の質を高めていく事ができます。

現在ではslackSkypeLINEなど様々な方法で社内コミュニケーションを効率化する企業も増えてきました。

近年では新型コロナウイルスの感染予防のためにWEBでの商談や面談などインターネットを介したしたビジネスも活発化してきています。

システム(非同期コミュケーション)と同期コミュニケーションの使い分けが重要になってきます。

最大限に機能を活かすことにより効率化だけにとどまらず業務の質も上がっていきます。使い方や使用するツールの特徴を

よく理解しておく事が必要だと感じます。

当社では、Skypeを利用していますが部内での情報共有等にとても役立っていると感じます。

ですが私はりお客さんとはインターネットを介してではなく、直接話すことで末永い関係性をより深められていければ良いと考えています。


とんがりコラボ新井

コラム一覧へ戻る

RECOMMENDED COLUMNおすすめコラム

  • 企業担当者様へ
  • 簡単ENTRY
  • 資料を見る